歯科スタッフとの連携について

歯科スタッフと柔軟にコミュニケーションを取ることができ、治療について忌憚のない意見交換ができるようになったとしたら、それだけで歯の治療にたいする漠然とした不安感のほとんどを、払拭することができると言っても過言ではないのではないでしょうか。むしろ逆に、それぞれのスタッフが全くコミュニケーションを取らなかったり、治療が明らかに荒かったり雑であったり、こちらにも全くと言っていいほど、何の説明もないままに治療を進めているようでは、あまり不安感は拭えないかもしれませんね。一般社会でも全くおんなじことが言えますが、報告、連絡、相談が出来ない人は何をやっても信頼を得ることはないということです。歯科医にもあてはまることで、結局、患者に対して報告や連絡、果ては治療方法という風に、逐一患者と話し合いの中で治療を進めているという実感を相手に持たせられないようでは、良質な歯科医とはいえないのではないでしょうか?ちなみに、このような情報は、インターネットの情報サイトにも掲載されているようだと、聞いたことがありますので、参考にしてみると良いかもしれませんね。さて、実際のところ、あなたが歯医者に行っていざ治療台に乗った時に、まず歯のどこに治療すべき問題点があるのかをじっくりと調べ、今、直すべきなのか、それとも、しばらく経った後で治療を行うべきなのか?を見極め、その根拠をというものを、ひとつひとつわかりやすく噛み砕いて説明し、こちらに複数の解決策を惜しげもなく提示してくれる歯医者に出会えることができるのがいわば理想ともいえるわけですが、 実際のところ、そのような情報を、簡単には入手することができないのが、現状であるようです。