歯ブラシを復活させる

Byadmin

歯ブラシを復活させる

歯ブラシを長く使っていると、毛先が広がってきてしまうことがあります。毛先が広がった状態で歯磨きをすると、届かない部分も大きくなってしまうため汚れを落としにくくなりますし、歯茎を傷つけてしまうこともあるそうです。歯ブラシの毛先が広がってしまったら買い替え時期となりますので、衛生的にも出来る限り買い替えをするのがお勧めです。しかしどうしても買いにいけない状態である場合や、ひとまず乗り切りたいという時には「一時的に歯ブラシの毛先を元に戻す」という方法もあります。

毛先を元に戻すには歯ブラシをお湯に浸けて中でくぐらせて、最後に氷水に浸けるという方法が効果的だそうです。お湯の中でしばらく揺らすことで水圧がかかりますので、それによって正しい形に戻ると言われています。ただし歯ブラシの毛先はナイロン製であることが前提で、高価な獣毛などを使っている場合には効果が表れないと言われているそうです。ナイロンという素材は、熱を加えることで柔らかくなるという性質を持っています。初めにお湯に浸けて柔らかい状態で形を戻し、最後に冷たい氷水に浸けることで正しい形の状態で形状記憶がされる仕組みになっているそうです。

ただし、温度が高すぎるお湯であると逆に毛先を痛めてしまいますし、持ち手の部分が変形してしまう恐れもあるそうです。温度は70℃程度が推奨されており、80℃を超えると限界温度になってしまい、低すぎる温度では柔らかくなりません。

ナイロンの性質を使ったものですが、あくまでその場を凌ぐための方法ですので長期的に行うことは難しいと言われているそうです。その場だけ形を戻して、新しい歯ブラシを買うまでの繋ぎ程度の認識でいるのが良いでしょう。

About the author

admin administrator

Leave a Reply