歯ブラシの保管方法

Byadmin

歯ブラシの保管方法

歯ブラシを洗わなかった場合や、濡れたまま置いておくと雑菌が増えるというのは想像しやすいと思います。しかし、歯ブラシ自体に気を付けるだけではなく、その環境自体にも注意をしておかなくては雑菌の繁殖を早くしてしまう場合があります。

ひとつは、近くに他人の歯ブラシがある場合です。家族や恋人など、歯ブラシを隣り合って置いている場合には、毛先が触れ合ってしまう場合もあるかもしれません。これではお互いに共有している状態になっていますし、どちらかに雑菌がいる場合はもう片方の歯ブラシにも移ってしまいます。

また、歯ブラシのスタンド部分も見落としがちと言われています。スタンド部分は、市販の物を使っている場合や、使わないカップ状の物に入れているという人もいると思います。歯ブラシ自体は定期的に買い替えることができますが、土台自体を早いペースで取り換えるという家庭も少ないでしょう。直接口内に入れる物ではありませんが、歯ブラシから垂れた水が溜まりやすく、物によっては密閉に近い状態になるので湿気も籠ってしまい雑菌が更に繁殖しやすい環境になってしまいます。雑菌が多い場所に歯ブラシを置くということは、当然そこから菌が移ってくる可能性も非常に高いと言えます。水回りの掃除をする時に一緒に洗うなどして、こちらも綺麗に保っておく必要があります。また、ほこりなどがつくからと歯ブラシにフタをつける場合がありますが、フタが湿気を閉じ込めてしまうため、おすすめできないと言われています。ベストな状態は、「ぶつかる距離に別の歯ブラシがないこと」「歯ブラシを置いている土台が清潔な状態であること」「湿気がたまらない開放的な状態であること」であると言えるでしょう。

About the author

admin administrator

Leave a Reply