Category Archive Uncategorized

Byadmin

携帯歯ブラシと衛生面

携帯の歯ブラシは、自宅に歯ブラシを置いているよりも雑菌が繁殖しやすい環境になっていると言われています。歯ブラシを携帯する時、当然ながらケースに入れて持ち歩きます。歯ブラシ自体を外で使うために、ケース内に入れっぱなしにしてしまうことも多いでしょうし、その携帯ケースを一緒に洗うということはあまりないかもしれません。

雑菌の繁殖を防ぐには、洗浄と乾燥をしっかり行うことと言われているそうです。まず歯ブラシ自体をよく水洗いして、刷毛部分についた歯垢などの汚れを取りましょう。特に毛の内側の方は適当になりがちですが、菌が繁殖しやすくなってしまいます。併せて、水気をしっかり切ることです。湿った環境は雑菌が非常に繁殖しやすくなってしまいます。ティッシュなどで拭き取っても良いですし、もしも可能そうであれば、ケースに入れずにどこかに立てておくのも良いかもしれません。また、歯ブラシを洗う時には、必ず携帯ケースも一緒に洗いましょう。歯ブラシと同じく、中で菌が繁殖してしまう可能性があります。時間などの問題でその場で洗うのが難しいのであれば、自宅に持ち帰った時でも問題ないそうです。ケースの洗浄は一日一回以上が推奨されているそうで、歯磨きと同じく洗う習慣自体を付けてしまうと良いでしょう。

他にも消毒をするためのスプレーもありますし、少し高価にはなりますが、歯ブラシ携帯ケースに紫外線殺菌の効果がついているものもあるそうです。どれももちろん効果はありますが、一番良いのは上記の通り「洗浄と乾燥」をしっかり行うことです。もしも歯ブラシに拘りがないのであれば、安価の使い捨ての歯ブラシを使って、なるべく交換回数を増やすというのもひとつの手かもしれません。

 

Byadmin

歯ブラシを復活させる

歯ブラシを長く使っていると、毛先が広がってきてしまうことがあります。毛先が広がった状態で歯磨きをすると、届かない部分も大きくなってしまうため汚れを落としにくくなりますし、歯茎を傷つけてしまうこともあるそうです。歯ブラシの毛先が広がってしまったら買い替え時期となりますので、衛生的にも出来る限り買い替えをするのがお勧めです。しかしどうしても買いにいけない状態である場合や、ひとまず乗り切りたいという時には「一時的に歯ブラシの毛先を元に戻す」という方法もあります。

毛先を元に戻すには歯ブラシをお湯に浸けて中でくぐらせて、最後に氷水に浸けるという方法が効果的だそうです。お湯の中でしばらく揺らすことで水圧がかかりますので、それによって正しい形に戻ると言われています。ただし歯ブラシの毛先はナイロン製であることが前提で、高価な獣毛などを使っている場合には効果が表れないと言われているそうです。ナイロンという素材は、熱を加えることで柔らかくなるという性質を持っています。初めにお湯に浸けて柔らかい状態で形を戻し、最後に冷たい氷水に浸けることで正しい形の状態で形状記憶がされる仕組みになっているそうです。

ただし、温度が高すぎるお湯であると逆に毛先を痛めてしまいますし、持ち手の部分が変形してしまう恐れもあるそうです。温度は70℃程度が推奨されており、80℃を超えると限界温度になってしまい、低すぎる温度では柔らかくなりません。

ナイロンの性質を使ったものですが、あくまでその場を凌ぐための方法ですので長期的に行うことは難しいと言われているそうです。その場だけ形を戻して、新しい歯ブラシを買うまでの繋ぎ程度の認識でいるのが良いでしょう。

Byadmin

歯科に関するネット知識の危うさなど

近年膨大な量の情報を吸収しながら発達していっているインターネットには、歯科や歯科治療にかんする、まったく真偽の怪しい情報があふれかえっており、特に「ステルスマーケティング」に代表されるような、歯科器具、歯磨き関係の商品などのマーケティングに漬かっているサイトもあるようなので、「歯科医院推薦!」や「歯科医院が教える歯科の○○な知識!」などという触れ込みやうたい文句を前面に押し出しているサイトには十分に注意しておく必要もあるようです。つまり、あなた自身が知識をベースにしてしっかりと情報を判別して基礎的な歯科の知識を得た後で、歯科選びをすることをお勧めしたいところなのです。もしもこのようなサイトの情報を鵜呑みにしてしまえば、誤った知識を身に着けたまま歯科医院に通うことになってしまい、まともな先生なのに治療法に疑問をもって歯科医院に行くことをやめてしまうなどの事態につながりかねません。インターネットの情報はいわば「玉石混淆」と言うべきであり、これらを吟味するためには、むしろアナログ的に、書籍などから歯科治療に関する知識を身に着けておく必要があるようです。少し専門的な話になってしまうので恐縮ですが、もしも医学・歯学系の論文をまとめたデータベースにアクセスすることができる環境が近くにあるならば、まずは初歩的な論文やレポートなどに当たって、インターネットで知り得た情報の真偽を確かめるのが何よりも確実です。要するに、インターネットを通じて知り得た歯科に関する情報はとにかく注意が必要であるいうことでしょう。それでも、知り得た情報が実際の歯科医選びや治療方法の選択に少しでも役立つならば、メリットのほうが大きいといえるのではないでしょうか?

 

Byadmin

優良歯科医の目利き

さらに言えば、将来的に、「歯がどのように成長するのか?」「成長した結果、一体起こりうる悪影響は何なのか?」という素人ではまったく見当がつかない問題などを考えてくれたりする場合もあり、その場合には、歯科医院に何度も通うことになるなど、とにかく長期的な治療が必要となる場合もあるようです。しかし、実際のところ、このように長期的な治療を考えられるような歯医者は、総合的な知識を持ち合わせているからこそ、そのような思考にたどり着くことができるわけであり、例えば、まだ表に現れていない「親知らず」などは抜歯などという治療がしにくく、一度放っておいて、伸びてから抜く、などの選択肢も考えられるようで、このような場合他の歯を圧迫する可能性があるなど、どのように他の歯に干渉するかも考える必要があり、患者の将来への影響をよくよく考えた上で、治療を選択する必要が出てくるわけです。特に、伸び始めたばかりの歯などでは、虫歯や歯肉炎などの一般的に見られる歯の病気にもかかりやすくなってしまい、これらをどのようにして予防するか?という点でも、歯医者としての力量が試されていると見られているようです。このような治療方針は、決して患者側からは提案の出来ない、高度に専門的な知識を要する分野になるわけですから、全てを歯科医院に一任することになるわけで、あなた自身が十分に信頼することが出来る人に任せられたならば、安心して治療を受けられるでしょう。最近では、インターネットを用いて歯科治療に関する知識を深めることも十分可能ですので、調べてみるのもおすすめできそうです。ここで一つ気を付けておかなければならないのは、インターネットで得られる全ての情報が正しいとは限らないということです。

Byadmin

歯科と治療計画

また、歯医者に行って誰しも経験があることかもしれませんが、治療をしようと思っていた歯の他にも、緊急に治療が必要な歯が見つかってしまうというケースがよくあると聞いたことがあり、このような場合どうしても仕方がないことですが、治療期間が大幅に伸びることが見込まれたりもするようです。虫歯などの例では、よくあることとすれば、虫歯の歯を治療した際に、その隣の歯や上の歯なども虫歯の菌に侵されておりそれら全ての歯の治療が必要な場合が出てきたりするようです。さらに、虫歯ではない歯が錯覚によって痛み出す「関連痛」というような症状も認められることもあるようで、相当複雑な様相を呈しているのが歯科治療の現場といえそうです。そのような場合、もともと治療したかった歯だけを治療したとしても、他の歯の影響を受けてしまい、再び虫歯が再発してしまうこともあるようで、より包括的な目線で以て歯科治療を進める必要があるといえましょう。この他にも、歯の問題としてありがちな「噛み合わせ」の問題などは、歯医者の腕の見せ所でもあるようです。例えば、患者が、「右側の歯が痛い」とか「右の顎が痛い」と言った場合に、その原因が右側にある場合もありますが、むしろ全く反対の左側の歯の噛み合わせなどにある場合も多いようで、右の顎や歯を治療したからと言って、痛みがなくなり、元通りの日常生活が送れるようになるとは、決して限らないようです。これこそまさに素人と歯科医の違いを明確に表しており、症例研究の豊富な成果を活かすことができる歯科医は頼りになるといえるでしょう。何度も言いますが、歯科治療全体を見渡し、どこに原因があるのかを、広い視野と深い知識で考えられる歯科医こそが、あなたが真っ先にかかるべき歯医者であると言えるのではないでしょうか?

Byadmin

予防の歯科

かつては、あまり「種々の歯の病気を予防するため」というような理由で、虫歯になってもいないのに何度も歯医者に通うという人は多くはありませんでしたが、最近では、多くの人が、虫歯を未然に防ぐためだとか歯を白くするために、歯医者に通うことが多くなりました。このような場合、いわゆる古いタイプの歯医者ですと、なかなか具体的な対策や方法を講じてくれない歯医者もいる、などとと言う話がインターネットでは見られたので、注意が必要です。予防歯科を除いてしまうと、基本的に、歯医者に行く時には、歯に何らかの問題が発生した場合であり、それは例えばスポーツをしていて転んで歯を折った、とか、歯磨きをするたびに歯茎から血が出てしまう、とか、アイスなどの非常に冷たいものを食べた場合に歯にしみる、とか、そういった点が挙げられるのではないでしょうか?特に、そのような中で緊急性が高くすぐに処置が必要であるという理由で歯医者に行く場合には、一回の相談で、即座にあなたが完治するまでの治療の全体計画が立てられる歯医者に真っ先に行くべきであり、もしもそのような人にかからないことになってしまうと、効果的な治療方法を試すことにも、つながってしまいかねません。こういった患者と歯科医の「ミスマッチ」を防ぐためには、 インターネットの口コミなどを参考にしながら、すぐにでも、治療の方針を決断する必要があるのです。また、たとえ緊急性のない治療で通う場合であったとしても、治療の全体計画が常に頭の中にあり、それを、患者やスタッフと共有できる医者であれば、患者サイドの、歯科治療に対する不安感は、ほぼ取り除けると言っても、言い過ぎではないのではないでしょうか?

Byadmin

歯医者と衛生の重要性

衛生は歯医者にとってとにかく重要だそうで、粘膜にも直接ふれることもある治療分野ですから、当然のこととも言えそうですね。衛生面がちゃんと処理されているかどうかを確かめるためによく見る点としては、ソファーの下の埃のたまりかたや、置いてある雑誌などがラックから落ちていないか、コップ置き場は清潔で、トイレの掃除は行き届いているのか?などが挙げられるようで、これはまさに、あなた自身が自宅の清掃をする際にチェックしているポイントをよくよく参考にしながら、歯医者の建物の中身を見てみることが、良いと言えるのかもしれません。家の掃除であなたが気になる場所というものを、そのまま通うことになる歯科医院にも求めてしまえばいいわけですから、だれでもみわけることができますね?とりわけ、特に診察室は、口の中というきわめて衛生面が重要な場所を治療する以上、とにかく清潔感が求められるわけですが、この部分で、汚れがあまりにも多かったり、治療器具に明らかな金属傷がついていたり、うがいをする際の排水溝がカビで汚れていたりなど、掃除や減菌が十分ではなく、あまり衛生的だと言えない歯医者などにあたってしまったら、思い切って、通うのをやめてしまい、別の歯科医院に行くと言うのも一つの手かもしれません。しばらく前には、全国の歯医者で用いられている治療器具が、きちんと現金されているのかどうか?ということが問題となるような事態もあったようですが、近年、ほぼ改善されているようで、あまり問題にはならなくなったと言う意見もインターネットでは散見されるようです。衛生問題は、歯科関係を問わずに粘膜系に触れる治療を行う医療では常について回った喫緊の問題でありましたが、近年は衛生面での進歩や、徹底した減菌処置などによって問題自体は無くなる方向に動いているようですね。