カテゴリーアーカイブ Uncategorized

著者:admin

歯ブラシの普及

現代のような形状の歯ブラシが、地球上のどこでどのように発明され、進化していったのかについては明らかなことはわかっていません。しかしながら、おおまかなの時期とおおよその素材については推測することができています。
わかっている最古の現代のような歯ブラシは、20世紀中ごろに中国で発見された、10世紀の墓葬の出土品の中にあった2本の歯ブラシです。この出土により、中国ではこの時期から歯ブラシが使用されていたことが判明しました。しかし、同時代のそのほかの地域では、世界中どこを見ても歯ブラシが作られていた、使われていたと言う形跡は全く見つかっていません。
中国で見つかった歯ブラシは、柄は象牙でできていて、植毛した跡だと考えられる穴が8つあいたものでした。腐敗のため、植毛は残っていませんでしたが、おそらく馬毛だと考えられています。13世紀末には、すでに「楊枝」を使って歯の清掃を行う習慣は廃れており、現代の歯ブラシに似た用具を用いていたようです。
西洋では、17世紀ごろフランスで獣骨の柄に馬毛を植毛した歯ブラシが使用されていたと伝わっており、このころから製造もはじまったと考えられています。イギリスでも同じころに歯ブラシについて記述された伝記が残されており、各国で多くの歯ブラシが作られ、発展していったようです。
日本では、明治に入ってから歯ブラシの製造、販売がはじまったと言われていますが、いつ、どこではじまったのかは定かではありません。そもそも明治維新後、日本に西洋の文化が大量に導入された際に、フランス製の衣類用、軍器用、馬匹用のブラシが持ち込まれ、それを手本に大阪でブラシの製造ははじまったものと伝えられています。西洋と日本の生活スタイルの違いから、最初こそブラシの価値は認められませんでしたが、洋式化が進むに連れて実用品として生活に欠かせないものとなっていきました。ブラシが脚光を浴びるようになると、大阪にブラシを専門で製造する業者も現れてきました。歯ブラシもまた同じころ、大阪で鯨の髭の柄に馬毛を植毛した「鯨楊枝」が販売されるようになります。このころの歯ブラシは、インドから輸入されたイギリス製の西洋歯ブラシの模倣品でした。

著者:admin

歯ブラシの名称の歴史

明治初期に、西洋からもたらされた西洋歯ブラシを模倣した、「鯨楊枝」と名付けられた用具が登場しました。これまで歯の清掃は楊枝で行なってきていたため、「歯ブラシ」と言う名称は使われることはありませんでしたが、現代の歯ブラシとほぼ変わらない形態でした。そのほかにも「横楊枝(西洋式)」「歯楊枝」「歯磨楊枝」と呼ばれていました。
記録には、明治14年の博覧会にはじめて「横楊枝(西洋式)」が出品されたとありますが、ほとんど関心は持たれずに終わったようです。明治23年の博覧会に大阪の会社が「歯刷子(はぶらし)」の名称で出品をすると、ようやく関心を持たれるようになりました。この時はじめて「歯刷子」という名称が使われたと言われています。この博覧会には、「楊枝」として何点か牛骨や象牙などでつくられた口腔清掃用具が出品されていましたが、次の博覧会では「歯刷子」の名称で数多く出品され、「房楊枝」の出品は1つも見られませんでした。
なぜ「歯刷子」と表記されるようになったかと言うと、「ブラシがそれまで刷毛をつくっていた業者によって作られるようになったから」や、「刷毛と同じように自然毛(獣毛)を植毛したことから、当て字で「刷子」と書くようになったから」など諸説ありますが、定かではありません。
大正初期には、商品名としてはじめて「歯刷子」の名称で、牛骨の柄に豚毛を植毛した舌かき付きの商品が発売されました。このころから「歯刷子」の呼び名は一般的になりましたが、「歯ブラシ」と書かれるようになるのは戦後になってからになります。

著者:admin

口腔清掃用具のはじまり

人類は、一体いつごろ、どこで現在のような歯ブラシを使用するようになったのか、そもそもどのようにして歯を磨く習慣がはじまったのか、その過程は明らかではありませんが、おおよそ推測することはできます。
歯磨きの歴史について、いちばん古い記録は紀元前15世紀ごろ、エジプトのパピルスに残されていると言われています。
日本では、6世紀に仏教とともに伝えられた「歯木」が、歯ブラシの起源あったと考えられています。「歯木」は歯や舌を清掃するための用具で、仏教に楊枝による口内を清める習慣があったことから、まずは仏教徒の間で広まり、のちに庶民にまで普及していったようです。この「歯木」は、房楊枝として、大正時代まで使用されました。
どのようにして房楊枝から、現在のような歯ブラシに発展していったかというと、明治の初期に西洋から伝わった西洋歯ブラシを模倣したことがはじまりなようです。しかし、製造はされたものの関心は薄く、普及するまでには明治後半から大正にかけてまで時間がかかりました。
このように歯の清掃用具は、文化や歴史的ファクターを背景に楊枝から歯ブラシへと変遷していきました。現在では、生活必需品として、また保健衛生用品として認知され、活用されています。

著者:admin

電動歯ブラシの選び方

電動歯ブラシには様々な種類のものがあるので、それぞれの特徴をよく理解して選ぶことが大切です。電動歯ブラシには手用歯ブラシより高い効果を期待したいところですが、実はその差はないと言われています。

電動歯ブラシは頭部の大きさ、振動、重さ、握りやすさや使用感などを考慮して使いやすいものを選択することが大切です。いずれも専門家の指導を受けて、正しい使い方をすることで、歯磨きにおける効果を高めることができるでしょう。

電動歯ブラシの刷毛部は一般に手用歯ブラシよりも小さめで、円形型や小歯ブラシ型をしたものがあって、毛の硬さもやわらかめのものが多いです。電動歯ブラシの運動には様々なものがあり、機種によって太さや手に伝わる振動の大きさ、また価格も高価になるので、使用する人自身にとって使いやすいものを選ぶことになります。選ぶ場合は個人の口腔内の状況にもよりますが、以下のことに考慮して選ぶようにしましょう。

著者:admin

歯ブラシの規格

ブラッシングは生活習慣の一つとして、私たちの日常的にも行われています。道具としての歯ブラシは歯磨き剤とともに、私たちにとってなくてはならない生活必需品です。店頭には色や形が多種多様な歯ブラシが並べられています。しかし、歯ブラシは衛生上1本ずつ個別に包装されていて、直接手で触ったりなどして確かめることができないようになっています。そのため店頭で歯ブラシを選ぶときには、外観と包装に書いてある内容からしか判断できないのが現状です。しかし、歯ブラシの規格と品質は、以下のように定められているのです。

歯ブラシの規格は日本工業規格(JIS)によって細かく規定されており、品質表示については家庭用品品質表示法で定められています。この他にも、国際規格として国際標準規格(ISO)があります。

歯ブラシを企画・製造する場合の基準として日本工業規格(JIS)があり、使用者の目的や年齢、性別、ブラッシング方法などが考えられて、歯ブラシの形・大きさ・色・材質などが定められています。

毛の材質は現在ではほとんどナイロン毛が使用されていますが、ひと昔前までは動物の毛、特に豚毛や狸毛などを使用した天然毛が多く使われていました。今では加工に手間がかかることや、品質の均一化の困難さ、そして天然毛の入手のしにくさなどの理由から、天然毛を使用した歯ブラシの生産量は全体の1%前後になっています。

歯ブラシの品質は家庭用品品質表示法により規定されており、歯ブラシを包装した箱など最小販売単位ごとのケースの外側に、基準と定められた測定法に基づき、柄や毛の材質、毛の硬さ、耐熱温度などを表示することが義務付けられています。

国際規格としては国際標準化機構(ISO)があり、一部規格が発表されましたが、現在検討中の部分も残されています。

著者:admin

歯ブラシの選択基準

歯ブラシの頸部の形態は、口腔内の奥の方を磨く時に前歯にぶつからないよう、細く長い方が良いでしょう。また、頸部か曲がっていると歯ブラシの先端に力が入りにくいので、把柄部同様に直線のものが望ましいと思われます。

頭部の大きさは小型の方が清掃しやすいですが、ある程度の大きさがないと歯磨きの効率が悪くなってしまいます。一般的に頭部の短辺が910mm、長辺が2024mm、毛の長さが910mmのものが多く、毛先を使用したブラッシング方法に適しています。最近では長辺が25mm以上あるものは、一般市販品以外はほとんど見られなくなりました。植毛台部分の厚さは薄いほど良いと言われます。

植毛は3列のものが多く、清掃効率を重視した4列のものもあります。それらは水はけもよく、衛生的でもあります。また植毛部表面の形態は、直線型が口腔内全体の歯の清掃には適しているとされています。

毛の硬さは一般的にはかため、ふつう、やわらかめの3種類がありますが、毛の長さやメーカーによって差が出やすく、目安にしかなりません。歯肉のマッサージを目的とした場合は毛の長さが長めのものを使うため、硬さはかためのものが適しているでしょう。

歯ブラシの刷毛には天然毛と人工毛がありますが、天然毛は衛生を保ちにくく形態などの品質も均一にすることが困難です。一方、ナイロン毛が使用されている人工毛は衛生を保ちやすく、品質も均一に揃えることができます。

歯ブラシを選ぶときには以上の点を考慮して選ばれますが、成人用歯ブラシは一般的に少し小さめのものが選ばれる傾向にあります。しかし小さすぎては歯磨きの効率が悪いため、目安として下顎前歯部の舌側に楽に入る大きさのものを選ぶと良いでしょう。

一般的に市販されている歯ブラシの種類は非常に多く、その中から個人の口腔状態や目的にあった使いやすい歯ブラシを選ぶことが大切です。また、歯ブラシを上手に使うことが大切であるということも覚えておく必要があるでしょう。

著者:admin

歯ブラシの定義

歯ブラシは「歯刷子」とも表記され、歯を清潔にするために用いられてきた用具である「総楊枝=房楊枝」から伸展したものです。かつては「歯磨楊枝」と呼ばれていました。

歯ブラシとは元々、手で使用する歯ブラシを指すものですが、現在は歯磨きを目的にする他にも歯肉マッサージに用いるものや、入れ歯や舌を磨くブラシまで全てを含めて歯ブラシと呼ばれることがあります。

では、歯ブラシとはどのようなものか、改めて定義してみましょう。

歯ブラシとは、歯を磨くことに使用する小さなブラシのことです。その構成は「頭部(植毛部)」「頸部」「把柄部」となっています。頭部には束ねられた数十本の繊維が複数植毛されていて、その植毛された繊維の部分で清掃する口腔清掃用具です。歯の表面についた汚れを直接的に清掃する用具として、合理的、かつ簡単に使えるように作られています。

歯ブラシには効果的に歯の清掃ができるように、ブラッシングに耐えたられるだけの強度と適切な柔軟性が必要です。さらには清掃効果だけでなく、歯周組織や歯質への影響も考えられていなければなりません。ブラッシングによる歯肉への適度な刺激は歯肉のマッサージとしても効果的であり、歯肉を丈夫にしたり、歯周病の予防になったりなど、治療のための役割も果たします。

しかしその使用法を間違えてしまうと、歯肉を傷つけたり弱らせてしまったり、歯の根の部分が露出してしまったり、歯肉そのものが欠けてしまう事態を引き起こしたりしてしまいます。

したがって、適切な歯ブラシとブラッシング方法を選択することが重要であり、また、歯ブラシが歯ブラシであるという基準は、国内外で様々な基準で定められています。

著者:admin

歯ブラシの保管方法

歯ブラシを洗わなかった場合や、濡れたまま置いておくと雑菌が増えるというのは想像しやすいと思います。しかし、歯ブラシ自体に気を付けるだけではなく、その環境自体にも注意をしておかなくては雑菌の繁殖を早くしてしまう場合があります。

ひとつは、近くに他人の歯ブラシがある場合です。家族や恋人など、歯ブラシを隣り合って置いている場合には、毛先が触れ合ってしまう場合もあるかもしれません。これではお互いに共有している状態になっていますし、どちらかに雑菌がいる場合はもう片方の歯ブラシにも移ってしまいます。

また、歯ブラシのスタンド部分も見落としがちと言われています。スタンド部分は、市販の物を使っている場合や、使わないカップ状の物に入れているという人もいると思います。歯ブラシ自体は定期的に買い替えることができますが、土台自体を早いペースで取り換えるという家庭も少ないでしょう。直接口内に入れる物ではありませんが、歯ブラシから垂れた水が溜まりやすく、物によっては密閉に近い状態になるので湿気も籠ってしまい雑菌が更に繁殖しやすい環境になってしまいます。雑菌が多い場所に歯ブラシを置くということは、当然そこから菌が移ってくる可能性も非常に高いと言えます。水回りの掃除をする時に一緒に洗うなどして、こちらも綺麗に保っておく必要があります。また、ほこりなどがつくからと歯ブラシにフタをつける場合がありますが、フタが湿気を閉じ込めてしまうため、おすすめできないと言われています。ベストな状態は、「ぶつかる距離に別の歯ブラシがないこと」「歯ブラシを置いている土台が清潔な状態であること」「湿気がたまらない開放的な状態であること」であると言えるでしょう。

著者:admin

デンタルフロス

デンタルフロスは、歯磨きの補助として使う物で「糸で作られた、歯間用の汚れ除去用の道具」です。歯ブラシだけで汚れを落とそうにも、歯と歯の間には毛先が届かず汚れがたまってしまいます。デンタルフロスはこの細い部分の汚れを集中的に落とすために作られたものと言えるでしょう。素材はナイロンでできており、糸の部分を拡大をすると繊維が束となって構成されているのが分かります。同じ効果のあるものとして歯間ブラシが挙げられますが、これは針金を細い毛が覆ったような作りとなっているので、デンタルフロスよりは太めになっています。歯の間が狭い人はデンタルフロス、間が広い人は歯間ブラシという使い分けをすると良いでしょう。

デンタルフロスは長い糸状になっていますので、丁度良い長さに切ってから、指に巻いて長さを調整しながら使います。左右の指に巻き付けてぴんと張った状態で、歯の間に差し込むのが一般的なやり方になっているそうです。糸を差し込んだら磨きたい部分の歯に引っ掛けて、ちょうどタオルで背中を擦るようなイメージで糸を動かします。擦れば当然、その部分についていた歯垢などの汚れが糸に付着します。一度汚れがついた部分は使わず、糸を持ち直しながら綺麗な面で全ての歯の間を擦っていくそうです。汚れの除去が完了した後は、しっかりと口をすすぎましょう。これが一般的なデンタルフロスの使い方と言われているようです。ただし他にも、糸を輪にして使う方法など、個人でやりやすい方法は違っています。他にも糸を切る必要のない、持ち手がついているホルダー付きのデンタルフロスもあるそうです。自分に一番合った方法と物を選んで、負担なく使える方法を探しましょう。

著者:admin

携帯歯ブラシと衛生面

携帯の歯ブラシは、自宅に歯ブラシを置いているよりも雑菌が繁殖しやすい環境になっていると言われています。歯ブラシを携帯する時、当然ながらケースに入れて持ち歩きます。歯ブラシ自体を外で使うために、ケース内に入れっぱなしにしてしまうことも多いでしょうし、その携帯ケースを一緒に洗うということはあまりないかもしれません。

雑菌の繁殖を防ぐには、洗浄と乾燥をしっかり行うことと言われているそうです。まず歯ブラシ自体をよく水洗いして、刷毛部分についた歯垢などの汚れを取りましょう。特に毛の内側の方は適当になりがちですが、菌が繁殖しやすくなってしまいます。併せて、水気をしっかり切ることです。湿った環境は雑菌が非常に繁殖しやすくなってしまいます。ティッシュなどで拭き取っても良いですし、もしも可能そうであれば、ケースに入れずにどこかに立てておくのも良いかもしれません。また、歯ブラシを洗う時には、必ず携帯ケースも一緒に洗いましょう。歯ブラシと同じく、中で菌が繁殖してしまう可能性があります。時間などの問題でその場で洗うのが難しいのであれば、自宅に持ち帰った時でも問題ないそうです。ケースの洗浄は一日一回以上が推奨されているそうで、歯磨きと同じく洗う習慣自体を付けてしまうと良いでしょう。

他にも消毒をするためのスプレーもありますし、少し高価にはなりますが、歯ブラシ携帯ケースに紫外線殺菌の効果がついているものもあるそうです。どれももちろん効果はありますが、一番良いのは上記の通り「洗浄と乾燥」をしっかり行うことです。もしも歯ブラシに拘りがないのであれば、安価の使い捨ての歯ブラシを使って、なるべく交換回数を増やすというのもひとつの手かもしれません。