Category Archive Uncategorized

Byadmin

歯科と治療計画

また、歯医者に行って誰しも経験があることかもしれませんが、治療をしようと思っていた歯の他にも、緊急に治療が必要な歯が見つかってしまうというケースがよくあると聞いたことがあり、このような場合どうしても仕方がないことですが、治療期間が大幅に伸びることが見込まれたりもするようです。虫歯などの例では、よくあることとすれば、虫歯の歯を治療した際に、その隣の歯や上の歯なども虫歯の菌に侵されておりそれら全ての歯の治療が必要な場合が出てきたりするようです。さらに、虫歯ではない歯が錯覚によって痛み出す「関連痛」というような症状も認められることもあるようで、相当複雑な様相を呈しているのが歯科治療の現場といえそうです。そのような場合、もともと治療したかった歯だけを治療したとしても、他の歯の影響を受けてしまい、再び虫歯が再発してしまうこともあるようで、より包括的な目線で以て歯科治療を進める必要があるといえましょう。この他にも、歯の問題としてありがちな「噛み合わせ」の問題などは、歯医者の腕の見せ所でもあるようです。例えば、患者が、「右側の歯が痛い」とか「右の顎が痛い」と言った場合に、その原因が右側にある場合もありますが、むしろ全く反対の左側の歯の噛み合わせなどにある場合も多いようで、右の顎や歯を治療したからと言って、痛みがなくなり、元通りの日常生活が送れるようになるとは、決して限らないようです。これこそまさに素人と歯科医の違いを明確に表しており、症例研究の豊富な成果を活かすことができる歯科医は頼りになるといえるでしょう。何度も言いますが、歯科治療全体を見渡し、どこに原因があるのかを、広い視野と深い知識で考えられる歯科医こそが、あなたが真っ先にかかるべき歯医者であると言えるのではないでしょうか?

Byadmin

予防の歯科

かつては、あまり「種々の歯の病気を予防するため」というような理由で、虫歯になってもいないのに何度も歯医者に通うという人は多くはありませんでしたが、最近では、多くの人が、虫歯を未然に防ぐためだとか歯を白くするために、歯医者に通うことが多くなりました。このような場合、いわゆる古いタイプの歯医者ですと、なかなか具体的な対策や方法を講じてくれない歯医者もいる、などとと言う話がインターネットでは見られたので、注意が必要です。予防歯科を除いてしまうと、基本的に、歯医者に行く時には、歯に何らかの問題が発生した場合であり、それは例えばスポーツをしていて転んで歯を折った、とか、歯磨きをするたびに歯茎から血が出てしまう、とか、アイスなどの非常に冷たいものを食べた場合に歯にしみる、とか、そういった点が挙げられるのではないでしょうか?特に、そのような中で緊急性が高くすぐに処置が必要であるという理由で歯医者に行く場合には、一回の相談で、即座にあなたが完治するまでの治療の全体計画が立てられる歯医者に真っ先に行くべきであり、もしもそのような人にかからないことになってしまうと、効果的な治療方法を試すことにも、つながってしまいかねません。こういった患者と歯科医の「ミスマッチ」を防ぐためには、 インターネットの口コミなどを参考にしながら、すぐにでも、治療の方針を決断する必要があるのです。また、たとえ緊急性のない治療で通う場合であったとしても、治療の全体計画が常に頭の中にあり、それを、患者やスタッフと共有できる医者であれば、患者サイドの、歯科治療に対する不安感は、ほぼ取り除けると言っても、言い過ぎではないのではないでしょうか?

Byadmin

歯医者と衛生の重要性

衛生は歯医者にとってとにかく重要だそうで、粘膜にも直接ふれることもある治療分野ですから、当然のこととも言えそうですね。衛生面がちゃんと処理されているかどうかを確かめるためによく見る点としては、ソファーの下の埃のたまりかたや、置いてある雑誌などがラックから落ちていないか、コップ置き場は清潔で、トイレの掃除は行き届いているのか?などが挙げられるようで、これはまさに、あなた自身が自宅の清掃をする際にチェックしているポイントをよくよく参考にしながら、歯医者の建物の中身を見てみることが、良いと言えるのかもしれません。家の掃除であなたが気になる場所というものを、そのまま通うことになる歯科医院にも求めてしまえばいいわけですから、だれでもみわけることができますね?とりわけ、特に診察室は、口の中というきわめて衛生面が重要な場所を治療する以上、とにかく清潔感が求められるわけですが、この部分で、汚れがあまりにも多かったり、治療器具に明らかな金属傷がついていたり、うがいをする際の排水溝がカビで汚れていたりなど、掃除や減菌が十分ではなく、あまり衛生的だと言えない歯医者などにあたってしまったら、思い切って、通うのをやめてしまい、別の歯科医院に行くと言うのも一つの手かもしれません。しばらく前には、全国の歯医者で用いられている治療器具が、きちんと現金されているのかどうか?ということが問題となるような事態もあったようですが、近年、ほぼ改善されているようで、あまり問題にはならなくなったと言う意見もインターネットでは散見されるようです。衛生問題は、歯科関係を問わずに粘膜系に触れる治療を行う医療では常について回った喫緊の問題でありましたが、近年は衛生面での進歩や、徹底した減菌処置などによって問題自体は無くなる方向に動いているようですね。