歯科と治療計画

Byadmin

歯科と治療計画

また、歯医者に行って誰しも経験があることかもしれませんが、治療をしようと思っていた歯の他にも、緊急に治療が必要な歯が見つかってしまうというケースがよくあると聞いたことがあり、このような場合どうしても仕方がないことですが、治療期間が大幅に伸びることが見込まれたりもするようです。虫歯などの例では、よくあることとすれば、虫歯の歯を治療した際に、その隣の歯や上の歯なども虫歯の菌に侵されておりそれら全ての歯の治療が必要な場合が出てきたりするようです。さらに、虫歯ではない歯が錯覚によって痛み出す「関連痛」というような症状も認められることもあるようで、相当複雑な様相を呈しているのが歯科治療の現場といえそうです。そのような場合、もともと治療したかった歯だけを治療したとしても、他の歯の影響を受けてしまい、再び虫歯が再発してしまうこともあるようで、より包括的な目線で以て歯科治療を進める必要があるといえましょう。この他にも、歯の問題としてありがちな「噛み合わせ」の問題などは、歯医者の腕の見せ所でもあるようです。例えば、患者が、「右側の歯が痛い」とか「右の顎が痛い」と言った場合に、その原因が右側にある場合もありますが、むしろ全く反対の左側の歯の噛み合わせなどにある場合も多いようで、右の顎や歯を治療したからと言って、痛みがなくなり、元通りの日常生活が送れるようになるとは、決して限らないようです。これこそまさに素人と歯科医の違いを明確に表しており、症例研究の豊富な成果を活かすことができる歯科医は頼りになるといえるでしょう。何度も言いますが、歯科治療全体を見渡し、どこに原因があるのかを、広い視野と深い知識で考えられる歯科医こそが、あなたが真っ先にかかるべき歯医者であると言えるのではないでしょうか?

About the author

admin administrator

Leave a Reply