携帯歯ブラシと衛生面

Byadmin

携帯歯ブラシと衛生面

携帯の歯ブラシは、自宅に歯ブラシを置いているよりも雑菌が繁殖しやすい環境になっていると言われています。歯ブラシを携帯する時、当然ながらケースに入れて持ち歩きます。歯ブラシ自体を外で使うために、ケース内に入れっぱなしにしてしまうことも多いでしょうし、その携帯ケースを一緒に洗うということはあまりないかもしれません。

雑菌の繁殖を防ぐには、洗浄と乾燥をしっかり行うことと言われているそうです。まず歯ブラシ自体をよく水洗いして、刷毛部分についた歯垢などの汚れを取りましょう。特に毛の内側の方は適当になりがちですが、菌が繁殖しやすくなってしまいます。併せて、水気をしっかり切ることです。湿った環境は雑菌が非常に繁殖しやすくなってしまいます。ティッシュなどで拭き取っても良いですし、もしも可能そうであれば、ケースに入れずにどこかに立てておくのも良いかもしれません。また、歯ブラシを洗う時には、必ず携帯ケースも一緒に洗いましょう。歯ブラシと同じく、中で菌が繁殖してしまう可能性があります。時間などの問題でその場で洗うのが難しいのであれば、自宅に持ち帰った時でも問題ないそうです。ケースの洗浄は一日一回以上が推奨されているそうで、歯磨きと同じく洗う習慣自体を付けてしまうと良いでしょう。

他にも消毒をするためのスプレーもありますし、少し高価にはなりますが、歯ブラシ携帯ケースに紫外線殺菌の効果がついているものもあるそうです。どれももちろん効果はありますが、一番良いのは上記の通り「洗浄と乾燥」をしっかり行うことです。もしも歯ブラシに拘りがないのであれば、安価の使い捨ての歯ブラシを使って、なるべく交換回数を増やすというのもひとつの手かもしれません。

 

About the author

admin administrator

Leave a Reply